2007年06月28日

模擬裁判

徳島地裁では平成19年6月21日から25日にかけて模擬裁判を行いました。 実はこの模擬裁判は,裁判員裁判をシミュレートして問題点を洗い出そうというもので,全国でも色々行われています。裁判員役は法曹関係者ではない一般の方を各種団体などに推薦を依頼。ちなみに東京地裁で話題となった模擬選任は行いませんでした。

 ところで,この模擬裁判は,元々は広報を目的としたものではありませんでしたが,報道関係者の皆さんにもご覧いただき,裁判員裁判がどういったものかを県民の皆様にご覧いただこうということで,テレビ,新聞各社から裁判員役の皆様への事前説明に始まり,裁判の様子評議の様子の取材,さらには裁判長,裁判員の皆様へのインタビューが相次ぎました。裁判後の反省会も取材していただきました。四国放送さんでは視聴率の結構高い夕方のニュースで3日に渡って特集を組んでいただくなど,各社ともかなり充実した報道をしていただきました。

 裁判員役の皆様にも大変御協力いただき,裁判員をした時の心境をかなり率直に話していただいたと思います。裁判員裁判のイメージがなかなか湧かない中,とても貴重な機会だったのではないかと思っております。関係の皆様に深く感謝いたします。

 裁判手続の内容や評議のあり方は模索中ですし,評議の中での発言のあり方などは正に正解など無いと思うので議論があるところだと思います。それでも,色々頭の中で考えていくだけではなく,この時期に広く公開し,実際に意見を色々とお聞きする機会を持つことは,意義はあるのではないでしょうか。
posted by たいちょ at 02:30| Comment(0) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。