2007年07月10日

模擬裁判が大流行?

まあ,昨日から何やってんだと言うと,模擬裁判のシナリオづくりですわ。参考にしようとネットを漂ってみると,いわゆる手続検証用(直近の正当防衛事案の状況はこちら)以外でも,けっこう模擬裁判,裁判劇って実施されてるんですよね。目に付いたものをメモ代わりに。大学の模擬裁サークル
 北海道大東北大(旧ページ),山形大桐蔭学園(牽ちゃんの置き手紙にワロタ)

弁護士会の模擬裁判体験
 一弁愛知県弁護士会(サマースクールも有)

模擬裁判体験記
 裁判所主催帝京大実施
【関連する記事】
posted by たいちょ at 23:03| Comment(4) | 模擬裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。たいちょさんの活動に触発されて,わたしたちも,地域の裁判員制度をねらってホームページ(ブログ)を立ち上げました。
お互いに,あと2年ほどですが,がんばりましょう
Posted by 都城「語らんね」応援団 at 2007年09月21日 23:31
 都城「語らんね」応援団さん,コメントありがとうございました!サイトにもお邪魔しましたが,充実していて素晴らしかったです。こちらは当面更新できずお恥ずかしい限りなのですが,頑張っていらっしゃるお姿がとても励みになりました。
 「広報の秋」が始まりますが,これから1年が広報的にはラストスパートになると思います。頑張りましょう!
Posted by たいちょ at 2007年09月22日 09:13
今日模擬裁判のビデオを見ました。面白かった。都城はまだまだ裁判員制度についてコメントが人の人生を左右するから嫌だという意見や俺には関係ないという回りの意見があります。一人一人の気持ちでもありますが。でも面白くみました。これから犯罪が増えつつある中で一人一人が犯罪を見つめなおし、犯罪のない都城にしていきたいと思う
Posted by 大塚真理 at 2008年01月07日 20:26
 大塚さん,コメントありがとうございました。どのビデオをご覧いただいたんでしょうか。今のところ広くご覧いただける物は3本ほど頭に浮かぶのですが^^また新しい物が出ると思いますので,そちらもお楽しみ下さいませ。

 実際の裁判を傍聴していただくと分かると思うのですが,事件は法廷ではなく,正にその「町」で起きています。町に暮らす以上,身近に犯罪が起きています。誰もが被害者に,そして加害者にもなる可能性があるのです。そして被告人も,どういう形であってもほとんどの人がその町に帰ってきます。だから,実はそこに住んでる人にとって「関係ない」事ではないハズなんですよね。裁判員制度はそういう「現実」を感じていただき,社会を「リアルに」感じるきっかけにはなると思います。自己統治とか何とか,難しいことを言いますが,本当に大切なのはそういうことだと思っています。
Posted by たいちょ at 2008年01月07日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。