2007年12月29日

裁判員制度おしゃべり広場

久々の更新です。本筋の裁判所のHPの更新がかなり順調になっていて,こちらより余程充実してきていますかね^^;
さて,既報のとおり,徳島地裁では今年度の裁判員広報に2つの柱を据えました。
 1つは,県民の皆さんに評議を体験したり,見たりしていただくということ。公開模擬評議です。徳島市の徳島ホールで先日実施いたしました。おかげさまで多くの皆様にご参加いただき,充実したイベントになりました(なおその際の広報活動の一端はこちら)。

 もう1つは,これまでのような「説明」ではなく,来場者の皆さんと「お話し」をすることで,皆さんの疑問に答え,新たなアイデアをいただこうということ。これが「おしゃべり広場」と名付けました。そして徳島地裁としては初の地方開催の広報イベントにもなります(次回は美馬市オデオン座で開催。)。地域に出向いて,地元の皆さんと裁判員について語り合う,というコンセプトです。裁判官も,説明役の刑事部裁判官だけではなく,地元の皆さんと刑事部裁判官を繋ぐコーディネーター役に支部長裁判官も参加して進めていきます。

 さてさて,県民の皆さんと直接お話ししようというこのおしゃべり広場という企画ですが,実は県民の皆さんと私達のチャンネルはもう一つあります。「報道」です。そこで,報道機関の皆さんともそういうお話の機会を持つのは有意義ではないか,ということで,「裁判員制度おしゃべり広場with記者たち」というイベントを行いました。

 こちらからの「説明」ではなく,裁判員制度についてなら何でも答えられる限りは答えますよ〜という企画です。様子についてはこちらをご覧下さい。

 今後模擬評議,模擬裁判などを重ねていく上で,取材の一助になれば,というだけではなく,非法曹という視点から,記者さん達が現在の裁判や裁判員制度についてどう見て,感じているのかという問題意識を教えていただくのはとても有意義でした。

 これからも取材を重ねていただく中で,色んな疑問も出てくると思いますから,こういう機会をまたもてるといいのですが^^
posted by たいちょ at 03:11| Comment(0) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。