2008年01月14日

裁判員クロスワードパズル

皆様,明けましておめでとうございます。
本年も,できる範囲でまったり更新していこうと思っておりますが(早くも弱気),温かく見守っていただければ幸いです。

さて,新春第1弾は「徳島地裁謹製裁判員クロスワードパズル」のご紹介です。
 徳島地裁では先日,裁判員制度おしゃべり広場in阿南を開催いたしましたが,その際に待ち時間の時間潰しや,帰ってからのお楽しみに「裁判員クロスワード」を実施いたしました。せっかくですので,イベントの開催結果報告と共に,クロスワードパズルも掲載しておりますので,よろしければお楽しみ下さいませ。結果報告を読み進んでいただいて,下の方にございます。

 なお,イベント当日の配付資料(マンガのQ&A,裁判所NAVI,高松高裁広報,映画のパンフレットなど)や上映したDVD(映画「裁判員」),さらに開催場所である徳島県南をテーマにした問題からなっておりますので,そういう資料がない方には相当難易度が高いかも(解答不能?!)。フッフッフ…

 おしゃべり広場in美馬でも同様の企画を予定しておりますので,お楽しみに〜^^

 クロスワードパズルといえば鳥取地裁さんでも実施していらっしゃいましたが,あちらはネットを通じて解答者を募集するという本格的なものでした(現在は終了していますが,問題や解答はご覧いただけます。)。

 あと,ネットで検索してみると福島地検が作成しているようです。問題は裁判員制度プロパーで,黒マスが「裁判員」の文字になっている大作です。芸術性重視の作品ですね。

 名古屋高裁では広報誌にクロスワードを掲載していたようです。その同じ号には裁判官と女性司法記者との座談会も掲載されています。女性裁判官も参加していて,なかなか雰囲気が出ている面白い記事でした。
posted by たいちょ at 17:23| Comment(0) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。